ハゲ隠しで坊主にするのは正解?坊主のメリットや注意点を徹底解説

ハゲ隠しで坊主にする CAX カックス

「髪が薄くなったから、思い切って坊主にしようかな」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 坊主が似合うか不安
  • 坊主で本当に薄毛が隠せるのかわからない
  • 髪が無くても頭皮は大丈夫なのか

いろいろな不安や疑問がありますよね。

坊主になってしまってから後悔しないように、事前に坊主のメリットや注意点について知っておきましょう。

この記事を読めば、坊主にしたときのメリットやデメリットから、坊主になるのを保留にしたときの対処法、薄毛にならないための対策までがわかります。

ハゲ隠しで坊主にしたときのメリット

ハゲ隠しで坊主にしたときのメリット

ハゲ隠しで坊主にする人も少なくありません。

どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

薄毛が目立たない

髪の毛が長いと、髪の生えている部分と生えていない部分の差が大きいので、薄毛が目立ってしまいます。

一方で、坊主はもともと髪がないので、どこがハゲているのかが目立ちにくいです。

寝ぐせがつかない

当たり前ですが、そもそも髪が無いので「寝ぐせがつかない」というメリットがあります。

朝「寝ぐせをなおそう」と思うと、意外と時間がかかって大変です。

髪のセットに時間がかからないことは大きなメリットですね。

オシャレに見える

普段からオシャレに気を使っていれば、坊主にすることで、よりいっそうオシャレに見せることができるでしょう。

オシャレな坊主スタイルは注目を集め、初めての人に「覚えてもらいやすい」というメリットもあります。

洗髪や身支度に時間がかからない

坊主は髪をごしごし洗ったりする必要がないので、洗髪に時間がかかりません。

朝の身支度も、髪をセットするのにドライヤーを使ったりすることもありませんので、短時間で準備できます。

家計にやさしい

坊主はスタイリング剤にお金がかかりません。

髪を整えるワックスやオイルが不要だからです。

シャンプーは少量しか使わないし、リンスは不要で経済的です。

ドライヤーをかけることもありませんので電気代も節約できます。

頭皮の汗が拭きやすい

頭皮は、非常に敏感な部分なので清潔に保ちたいですが、汗をかいてしまうと、髪の毛が邪魔をして拭きにくいです。

坊主なら、そもそも邪魔をする髪の毛が生えていませんので、汗をかいてもサッと拭けて清潔です。

汗や皮脂による頭皮の臭いもおさえられます。

清潔感があって明るいイメージがある

坊主になると、台風の日や梅雨の時期でも髪がボサボサになって乱れることがありません。

スッキリしていて清潔感があり、前髪もないので、顔も明るいイメージになります。

 

ハゲ隠しで坊主にしたときのデメリット

ハゲ隠しで坊主にしたときのデメリット

ハゲを隠したくて、坊主にしたときのデメリットも確認しておきましょう。

そもそもそ坊主が似合わない

後頭部がいわゆる「絶壁」の人は、坊主にすると、似合わなくて失敗することが多いです。

坊主にしてしまった後では取り返しがつかないので、坊主にする前に後頭部の形を確認することをオススメします。

こまめなメンテナンスが必要

坊主は、髪が少しでも生えてくると目立ちます。

常にきれいな見た目を保つためには、こまめなメンテナンスが必要です。

清潔感のあるオシャレな坊主でいるために、自分でカットできないのであれば、まめに美容院に通う必要があります。

見た目が怖くなり、子どもに泣かれる

坊主スタイルには、向き不向きがあります。

顔がもともとイカツい人は、坊主にすることで、見た目が怖くなってしまい子どもに泣かれてしまうこともあるでしょう。

スマホで写真を撮って、似合う髪型を診断するアプリなどもありますので、自分の顔に合うのか確認してから坊主にするのがよいでしょう。

ハゲている部分が余計に目立つ

少しでも髪の毛が生えてくると、チラホラ生えた髪が目立ってハゲている部分が余計に目立つことがあります。

ハゲている部分が目立たないように、こまめに髪を切りましょう。

 

頭の汗が目立つ

坊主は頭に汗をかくと、ピカピカ光って汗が目立ちます。

すぐに拭きとれば問題ないですが、頭から汗のしずくが落ちると目立ってしまうので、まめに拭きとるようにしましょう。

今まで着ていたファッションが似合わない

坊主になると、今まで着ていたファッションが似合わなくなる可能性があります。

髪型に合わせたファッションを楽しみましょう。

頭皮をケガする可能性がある

坊主には髪の毛がないので、常に頭皮があらわになっている状態です。

ボールが飛んできたり、虫がとまったりと頭皮は常に危険にさらされています。

薄毛に大敵の紫外線も、直接頭皮に当たってしまうので、外では帽子をかぶるなどの工夫が必要です。

寒い

冬は外気に頭皮がむき出しになっている状態ですので、坊主は寒いです。

ニット帽をかぶるなどして冬を越す必要があります。

坊主にするのを保留にしている人にオススメの薄毛対策

坊主にしようか迷っていても、いきなり坊主になるには勇気が必要ですよね。

なかなか踏みきれなくて、坊主になることを躊躇している人にはこのような選択肢があります。

薄毛専門の美容室に行く

坊主にしてみたいけど、まだ勇気がでなくて保留にしている人は、薄毛専門の美容室に行ってみるのもよいでしょう。

今ある髪の毛を活かしたヘアスタイルを提案してくれます。

どれも薄毛を隠してくれるので、オシャレを楽しみながらハゲ隠しができます。

増毛スプレーを使う

ハゲ隠しをしたくて、坊主にしようかなと悩んでいる人は、増毛スプレーを試してみるのもよいでしょう。

増毛スプレーを使うなら、CAXがオススメです。

ホンマでっか!?TVにも紹介されたので、ご存じの方も多いですよね。

増毛スプレーは、今ある髪の毛にスプレーすることで簡単に髪のボリュームアップができます。

坊主にした後では、増毛スプレーを使用できないので、坊主になる前に試すことで新しい自分に出会えるかもしれません。

CAXは、合わなければ手数料など一切なく、全額返金してくれるので安心です。

子どもや女性も使える天然成分配合で、円形脱毛症でも使用できる頭皮に刺激の少ないタイプです。

ただし、すべての人にかぶれなどのトラブルが起こらないわけではないので、合わないときは返品しましょう。

これ以上薄毛にならないための対策とは

これ以上薄毛にならないための対策

薄毛が気になっている人は、生活習慣を見なおしてみることが大事です。

忙しい毎日の中で、知らずしらずのうちに髪に悪影響を与えてしまっている可能性があります。

紫外線対策をする

頭皮が日焼けをすると、薄毛になる可能性が高まります。

顔には日焼け止めを念入りに塗っても、頭皮の紫外線対策は何もしないという人も多いですよね。

日傘をさしたり、帽子をかぶったりして紫外線対策をしましょう。

栄養バランスに気を付ける

薄毛にならないようバランスのよい食事をとることも意識しましょう。

髪の毛は、ケラチンというタンパク質で作られています。

薄毛を改善するためには、良質なタンパク質とタンパク質の合成に必要なビタミン、ミネラルを一緒に摂れるよう意識しましょう。

  • タンパク質(大豆・肉・魚など)
  • ビタミン(緑黄色野菜・卵など)
  • ミネラル(牡蠣、レバーなど)

これらをバランスよく摂取する習慣をつけることは、薄毛予防に効果的です。

まとめ|ハゲ隠しで坊主にする前に増毛スプレーを試してみるのもあり

ハゲ隠しで坊主にする前に

この記事では、ハゲ隠しで坊主にしたときのメリット・デメリットについて紹介しました。

坊主にすると「薄毛が目立たない」「洗髪が楽」などのメリットがありますが、「見た目が怖くなる」「寒い」などのデメリットもあります。

思い切って坊主にする前に、CAXの増毛スプレーを試してみるのもよいでしょう。

増毛パウダーで髪が黒々と増えたようにみえて、白髪も隠せます。

自分の髪色に合わなかったり、薄毛を隠せなかったりすると全額返金してくれるので安心です。

髪型を変えるだけで、外見の印象がガラッと変わります。

坊主にする前に、自分にとってベストな薄毛対策を見つけられたらよいですね。

CAX商品ページ

タイトルとURLをコピーしました