ハゲ隠し対策にオススメのメンズ帽子6選!【かぶるメリットと注意点】

CAX カックス

薄毛を実感している男性の約7割が、何かしらの方法で薄毛を隠しているといわれています。

帽子をかぶるとハゲるという説もありますが、根本的な原因にはなりません

帽子をかぶることで摩擦が生じたり、蒸れて頭皮に悪影響となる可能性はありますが、帽子をかぶることがメリットになることもあります。

そこで今回は、ハゲ隠しに最適な帽子の紹介と、かぶるメリットや注意点を紹介していきます。
ハゲ隠しで帽子をかぶりたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

約3割の男性がハゲ隠しで帽子をかぶっている

引用元:PR TIMES

メンズ美容サイト「MOTEO」が、薄毛に悩む男性100人に対し、アンケート調査を行いました。

もっとも多かったのはヘアセットが5割、続いて帽子をかぶるが3割という結果になっています。
薄毛を隠す方法としては、簡単で手軽なものが多いようです。

女性から見た薄毛男性のイメージカラーは暗めの寒色系


株式会社スヴェンソンが運営するサイト「髪コト」で、200人の女性にアンケート調査を実施しました。

200人の女性のうち39%が、薄毛男性のイメージカラーに暗めの寒色系と答えています。
暗めの寒色系とは、紺やグレー、カーキなどの色味です。

続いて多かったのが、茶色やベージュ、濃いめの紫など、暗めの暖色系が24%

意外にも、白や黒といった選びがちな色は7.5%という低い結果になっています。
これを参考に、服や帽子の色をコーディネートしてみるのもよいでしょう。

ハゲ隠し対策にオススメのメンズ帽子


ハゲ隠しに帽子を選ぼうと思っても、服装によって合う帽子も変わります。
どんな帽子がいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

ここでは、「どんなコーディネートをしたらいいかわからない!」という方に、オススメの帽子を紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

帽子を選ぶ際は、サイズ感が合ったものを選ぶと、かぶったときのシルエットがきれいに見えます。

ニット帽・サマーニット帽


ニット帽は、脱いだときに髪の毛がペタっとなってしまうことがデメリットではありますが、冬は暖かく、夏は涼しいです。

夏でもかぶれるサマーニット帽は、吸湿性に優れているウール素材を選ぶと、汗をかいてもサラッとしているのでオススメ。

ワークキャップ・メッシュキャップ


カジュアルな服装に合わせやすいデザイン。
中でもワークキャップは耐久性に優れているので、洗いが激しくても長持ちします。

薄毛の人は帽子を清潔に保たなくてはならないので、とくにオススメしたいアイテムです。

コーディネートの難易度も割と低いので、カジュアルな服装が多いという人は、ワークキャップやメッシュキャップから取り入れてみてはいかがでしょうか?

ハット

カジュアルな服装からカチッとしたフォーマルな服装にも合い、いつものコーディネートが引き締まった印象になります。

デザインも豊富で、ベーシックな色味は使い勝手がいいため、1つ持っておいて損はないアイテムです。

キャスケット


キャップは子供っぽい印象があり、抵抗があるという人はキャスケットを選んでみるとよいでしょう。

デニムやコーデュロイなどの素材に馴染みやすく、大人の雰囲気を演出してくれます。

バケットハット


バケットハットは、若い世代に人気のデザインです。

オーバーサイズの少しダボっとした服装に合わせると、バランスのいいコーディネートになります。

ハンチング帽


ハンチング帽は、男らしさや品のある印象にしてくれるデザインです。

カッチリしたコーディネートも、上手く着崩すことができるので、かしこまり過ぎない感じがおしゃれ感を演出してくれます。

帽子をかぶるメリット

ハゲ隠しで帽子をかぶることには、デメリットがある印象が強いかもしれません。
しかし、次のようなメリットがあります。

  • 紫外線から頭皮を守る
  • 乾燥から頭皮を守る

紫外線は頭皮だけでなく、髪や肌が炎症してダメージを受けてしまいます。

髪や肌のUVケア商品はありますが、頭皮を日焼けから守れるものはありません。

強い紫外線のダメージを受け続けると、頭皮環境が悪化してしまいます。

頭皮環境の悪化は、薄毛の原因となるので、帽子で紫外線対策できれば薄毛の予防に繋がります。

帽子をかぶることの2つ目のメリットは、乾燥から頭皮を守ることです。
頭皮が乾燥すると、フケやかゆみの原因になります。

とくに乾燥しやすい冬の季節は、頭皮の乾燥対策が必要です。

乾燥がひどくなれば余計な皮脂を分泌し、頭皮がベタついてしまい、薄毛を進行させてしまいます。

また、寒い季節は冷えによる血行不良も薄毛の要因となるので、帽子をかぶることは、薄毛対策として、優秀なメリットといえるでしょう。

帽子をかぶるときの注意点


帽子をかぶるときの注意点は下記の通りです。

  • 長時間かぶらない
  • こまめに汗を拭く
  • 帽子を洗って清潔に保つ
  • 通気性に優れた帽子を選ぶ
  • シャンプーを毎日する

帽子を長時間かぶっていると、締めつけによる血行不良や、頭皮が蒸れて雑菌やカビが繁殖する原因となります。
こまめに脱いで、汗を拭いたり換気をする習慣をつけておきましょう。

仕事で帽子(ヘルメットを含む)をかぶる必要がある人は、休憩時間に脱ぐようにし、髪と帽子を乾かすことをおすすめします。

帽子を脱いだら汗を拭くことも忘れないでください。
夏場などの汗を大量にかく季節は、替えの帽子を持ち歩くとよいでしょう。

帽子をかぶったら、毎回洗濯するのが望ましいですが、難しい場合はクリーニングに出すなどして清潔な状態を保つことが重要です。

帽子は洗わずに放置しがちですが、下着や靴下と同じように扱いましょう。
購入するときは、自宅で洗える帽子を選ぶとお手入れがラクになります。

薄毛対策として、毎日のシャンプーも欠かさず行ってください

頭皮に汗や皮脂が残った状態にしておくと、毛穴のつまりや雑菌の繁殖に繋がり、ニオイのもとになります。
頭皮も清潔に保ちましょう。

通気性のいい素材

通気性のいい帽子といわれても、どんなものを選べばいいのかわからないという人も多いと思います。
そういった場合は、下記を参考に選んでみてください。

  • メッシュタイプ
  • 天然素材(パナマ・ケンマ草・天然草など)
  • サーモニット

近頃は、通気性のいい帽子が多数販売されていますが、通気性に特化したものは布地の密度が低く、紫外線をうまく遮断できないこともあります。
布地が薄いものであれば、UVカット加工が施されているものがオススメです。

帽子以外でハゲ隠しする方法

CAX薄毛隠しスプレー

うす

帽子でハゲ隠しすると、「髪の毛が乱れて脱ぐのが恥ずかしい・・・」と思うことはありませんか?

そんなときは、薄毛を素早く自然に隠すことができる「CAX」がオススメです。

冒頭でもふれましたが、薄毛に悩む男性の多くは、ヘアセットで薄毛を隠す傾向にあるといいます。
ヘアセットに時間をかけるなら、CAX」で時短しましょう。

時間に余裕が生まれることで、心が豊かになります。
薄毛隠しに帽子がかぶれない日も、「CAX」があれば安心です。

帽子を脱ぎたくないといった、小さなストレスも軽減してくれます。
気になったら「CAX」を試してみましょう。

まとめ

帽子は正しくかぶれば、薄毛予防に繋がります。

注意点を守ることはとても面倒に感じるかもしれませんが、薄毛を進行させないためには必要なことです。

手を抜けば薄毛が加速するという気持ちで、対策していきましょう。

CAXをお得に手に入れる

タイトルとURLをコピーしました