薄毛に効く食べ物まとめ!オススメ料理までご紹介!

脂っこい食事 CAX カックス

「薄毛の予防に何をしたらいいかわからない…」

「何となく昆布が髪に良いのは知ってるけど…」

「いつまでもフサフサの状態でいたい…」

このように考えている方も多いのではないでしょうか?

当たり前の事ですが日頃食べているモノが髪の毛を作る材料になっています。

そのため薄毛対策のためには、髪に良い食べ物を積極的に摂ることが非常に大事になります。

そこで薄毛に効く食べ物・薄毛を助長させる食べ物、そしてどんな料理がオススメなのかをまとめて紹介します。

薄毛に効く食べ物

タンパク質

タンパク質は体をつくる材料で肉・魚・大豆製品・乳製品などに多く含まれている栄養素です。

特に髪の毛の85%はタンパク質でできています。

そのため、摂取するタンパク質の量が少ないと頭皮まで栄養が行きわたらず薄毛になる可能性があります。

30代・40代のタンパク質推奨量が60gです。これは意識して摂取しなければ、目標に届かないような量です。毎日3食十分にタンパク質をとり、髪の毛にしっかりと栄養を送ってあげましょう。

タンパク質が不十分だと感じた際はプロテインを飲むことも1つの手です。

参考文献:https://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10904750-Kenkoukyoku-Gantaisakukenkouzoushinka/0000041955.pdf

では、タンパク質のなかでも薄毛対策に良い食材を見ていきましょう!

タンパク質の中でもオススメ食材

卵には育毛対策に重要な栄養素であるタンパク質やビタミン類、亜鉛が多く含まれています。

具体的には髪の毛を作るアミノ酸の代謝を促進する働きがあるため育毛効果が高いと言われています。

また、アメリカの医療情報サイト「healthline.com」2018年で卵は髪の成長に良い食べ物ベスト14として紹介されるほど注目を集めています。

大豆製品

大豆製品にはイソフラボンという成分が入っています。

イソフラボンは男性ホルモンを抑制する働きがあるため、薄毛対策に良いと言われています。また、大豆製品は豆腐などサラダや味噌汁など何にでも合わせやすいので、簡単に摂取しやすいでしょう。

青魚

青魚に含まれるDHAとEPAは血液中の悪玉コレステロールの働きを抑制して中性脂肪を減らす効果を持っています。他にも青魚に含まれるビタミンB6には、髪を作るサポートをしてくれる作用があります。タンパク質・DHA・EPA・ビタミンB6が入っているため薄毛対策に最適な食べ物だと言えます。

タンパク質が取れるオススメ料理

目玉焼き

目玉焼きは育毛に最適な料理です。白身と黄身を混ぜてたべると白身に含まれているタンパク質と黄身に含まれているビタミンが結合して体の中に吸収されにくくなるからです。そういった理由で薄毛対策には目玉焼きがオススメというわけです。

髪の成長にも効果的! 朝食に卵を摂るべき3つの理由
朝食には卵を食べましょう。満腹感も持続する上に、髪や目にも良い影響をもたらすことが期待できます。

アジのごま和え

青魚は栄養はもちろん、ごまとしその実を同時に摂取することで血行促進効果も期待できます。

詳しい作り方はこちらの記事をご覧ください。

鯵のごま和え【髪を育てるヘア活レシピ】 | レシピとグルメ | クロワッサン オンライン
健やかで美しい髪のために、活発な毛根を育もう。栄養の専門家に聞いた、元気な髪を体の内側から作る「ヘア活」のすすめ。フードコーディネーターの大島菊枝さんが考案した手間なく美味しい「ヘア活」料理もお試しを。

ミネラル

5大栄養素の一つであるミネラルには、筋肉や骨格を形成したり、細胞や臓器のはたらきを支える役割があります。

特に亜鉛には髪を作るのに必要な栄養素として有名ですね。

また、亜鉛には薄毛を抑制する作用があるため、薄毛が気になる方は積極的に取り入れるべきです。

その他に鉄分も亜鉛に似た効果があると言われています。鉄分が足りない状態だと髪が細く薄毛に向かうと言われています。また、皮膚が薄くなり、乾燥してしまうので、髪に悩む女性に特にオススメの成分です。

かき

亜鉛を多く含む食品としてかきが知られています。

亜鉛の1日の摂取推奨量は成人男性で10mgですが、これはかき2個分の亜鉛量です。

このようにかきには多くの亜鉛が含まれているので薄毛に悩んでいる方は積極的に摂取してみてはいかがでしょうか?

厚生労働省eJIM | 亜鉛 | サプリメント・ビタミン・ミネラル | 医療関係者の方へ | 「統合医療」情報発信サイト
「統合医療」情報発信サイトの「海外の情報(医療関係者へ)」のページです。「統合医療」情報発信サイトは、民間療法をはじめとする相補(補完)・代替療法*と、どのように向き合い、利用したらよいのかどうかを考えるために、エビデンス(根拠)に基づいた情報を紹介しています。決して個人の責任で実施するさまざまな療法を制限するものでは...

レバー

レバーにも亜鉛、ビタミンB、そして何よりも鉄が豊富に含まれています。鉄分を十分に摂取していないと酸素を運ぶことができず、十分な血液を頭皮に送ることが出来なくなります。鉄分を多く含んでいる食材は多くありません。そういった意味で普段はあまりレバーを食べない方はこれを機に食べてみるのはいかがでしょうか?

山椒(さんしょう)

山椒には血流促進作用・血流増加作用があることが分かっています。血流が良くなれば老廃物が体外にどんどん排出され、体の冷えやむくみを改善することも出来ます。他にも、山椒エキスには強い抗菌作用があるため、頭皮の雑菌の繁殖を抑えることができ、結果的に頭皮環境の改善も行いやすくなります。普段の食事にちょっとかけるだけで摂取しやすいことも魅力の一つですね。

ミネラルが取れるオススメ料理

レバニラ炒め

レバーには鉄分・タンパク質・ビタミンB群が多く含まれています。また、ニラや玉ねぎにはビタミンB1の吸収を高めてくれる硫化アリルという成分が入っています。つまりレバニラ炒めは薄毛を改善するのに超オススメの料理なんです。

牛レバーに比べて豚レバーの方が抜け毛予防効果が高いとも言われています。ぜひ意識して食事してみてください。

こちらを参考にしてみてください!

簡単美味しい!レバニラ炒め 作り方・レシピ | クラシル
「簡単美味しい!レバニラ炒め」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。下処理を行う事により、臭みを軽減しとても美味しいレバニラ炒めがお作りいただけますよ。下処理も難しい工程はありませんので、ぜひ挑戦してみてください。調味料も合わせ調味料にして使用しますので、とても簡単にお作りいただけます。

ビタミン

ビタミンには髪や頭皮に働きかける成分が多くあり、薄毛対策に非常に有効だと言われています。

ビタミンの薄毛対策にオススメな成分を紹介します。

栄養効果
ビタミンAケラチンの合成サポート、老廃物の排出促進、活性酸素の抑制、血中の悪玉コレステロール発生防止
ビタミンB2皮膚、髪、爪の成長サポート、頭皮の皮脂コントロール、毛母細胞の活性化
ビタミンB6タンパク質をアミノ酸に分解促進
ビオチン(ビタミンB7)ケラチン合成サポート、コラーゲン生成サポート、血管拡張
ビタミンB9(葉酸)造血作用、毛母細胞を活性化
ビタミンE血管拡張、毛母細胞の活性化

いっぱいあって覚えられないよ!とお思いになるかもしれません。

安心してください!下にまとめたオススメの食材を意識して摂取すれば薄毛対策はバッチリだと思います!

緑黄色野菜

緑黄色野菜にはビタミンAが豊富に含まれているので髪の生成を手助けし血流を良くしてくれます。

緑黄色野菜を摂取する際に気を付けておいてほしいことがあります。それは緑黄色野菜と一緒に油を摂取してほしいということです。ビタミンAは油と一緒に摂取することで効率よく体内に吸収することができるからです。

柑橘類

柑橘類には毛を生み出す毛母細胞への栄養の供給を助ける働きや毛母細胞を外敵から守る働きがあることもわかっています。現在では柑橘類の抽出成分を活用した育毛剤などの製品開発も進められています。

ビタミンが取れるオススメ料理

かきの野菜炒め

先にも挙げたように緑黄色野菜はビタミンAと同時に油を摂取するのがオススメです。

ミネラルも多く含んでいるかきも同時に摂取することができるので最強の料理の一角といっても過言ではないでしょう。

牡蠣のオイスターソース野菜炒め by ☆ぶたママ☆
ごはんにあいまーす♪

野菜スープ

朝食にサラダや野菜スムージーは一見健康的に見えますが、実は体を内側から冷やしてしまう食事です。体が冷えてしまうと頭皮の血流が滞ってしまいます。体を温めながらビタミンを摂取することで健康的な頭髪環境を目指しましょう。

ヨード(ヨウ素)

ヨード(ヨウ素)は甲状腺の働きを助ける作用があります。

甲状腺から分泌されるホルモンは、新陳代謝を促す作用があるので薄毛対策に良いと言われています。

具体的にヨード(ヨウ素)を多く含んでいる食べ物には昆布やひじきなど、薄毛対策に良いとよく知られているモノがあります。

ヨードが取れるオススメ料理

コンブ水

料理とよんで良いかわかりませんがコンブ水もオススメです。

切ったコンブを水にいれ、3時間ほど置くだけで簡単に出来上がることが魅力の1つです。

出来上がったコンブ水は水の代わりに飲むもよし、味噌汁や鍋に使うもよし、コンブ水でご飯を炊くもよし、という最高の使いやすさです。また、コンブはフコイダンという頭皮のダメージを修復するような働きを持つ食物繊維も含まれているので、積極的に摂取していきましょう!

薄毛を助長させる食べ物

薄毛を助長させる食べ物を紹介します。

  • 塩分
  • 脂質
  • 糖分
  • アルコール

1つずつ見ていきましょう

塩分

塩分を過剰に摂取してしまうと腎機能の低下が起こってしまいます。腎機能が低下してしまうと血液中に老廃物が溜まってしまい、血流が悪くなってしまいます。

スナック菓子やジャンクフードに多く含まれているので適度な量を心がけましょう。

脂質

過度に脂質を摂取すると血液が少しずつドロドロになることで血流が悪くなります。

血流が悪くなることにより、頭皮に栄養が届かなくなり薄毛が進行してしまいます。

また、皮脂が過剰に分泌して頭皮環境が非常に悪くなり、髪の成長を阻害してしまいます。

糖分

糖分は血中の血糖値を高め結構

具体的な例としては甘いお菓子やスイーツです。

アルコール

アルコールは分解の際にタンパク質やビタミンなど様々な栄養を消費します。アルコールによって消費した栄養分、髪の毛の成長を阻害することになります。アルコールは適度な量を見極めて摂取するようにしましょう。

食事以外のこと

薄毛対策に関して出来ることは食事だけではありません。

食事バランスの他にストレス・生活環境・頭皮環境・睡眠時間など気をつけるべきポイントは様々あります。一つのみ改善するのではなく、バランスよく改善することで薄毛対策に近づく事でしょう。

薄毛対策の食事で気をつけておくべきこと

薄毛の改善には多くの時間がかかります。

具体的に、薄毛の男性のほとんどが発症すると言われているAGAでは治療期間が約1年です。つまり、どんなに生活環境や食事環境を改善したとしても数か月単位でしか薄毛の改善がみられることはありません。

そんなこと言われても「すぐにでも薄毛を直したいよ!」という方もいると思います。

そんな方にオススメなのがCAXです。

CAXは薄毛隠しスプレーで
髪の毛を太くボリュームアップして見せてくれるスグレモノ。

外出前にサッとスプレーをするだけで薄毛が気にならなくなります。

スプレーをすると薄毛が進行していくのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。でもこのスプレーには頭皮の環境を整える成分が含まれており、また毛穴にもつまりにくいためスプレーするだけで薄毛が進行する心配はありません。

ただしスプレーを使用した日は、就寝前にしっかり洗髪して頭皮を清潔に保つことをオススメします。
ですので、このスプレーを使って薄毛が進行する心配はありません。

また、独自のコーティングで汗や雨でも垂れることはないので安心して使うことができます。

食事習慣を改善しながらCAXを使ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました